高金利から低金利ローンへの借り換えのメリット

高金利ローンから低金利ローンへ借り換えには、さまざまなケースが考えられます。
また、低金利ローンへ借り換える場合には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

高金利ローンから低金利ローンへ移行する最大のメリットは、
当然ですが金利が安くなることです。

住宅ローンの場合

高金利の時にローンを組んでしまった場合に、
低金利に移行することで経済的に返済することが出来るのです。

例えば、住宅ローンを抱えている人が変動金利型でローンを組んだ時に、
ローンを組んだ当初は金利が安くて、月々の支払いが軽くなっているのですが、
後々になって金利が高くなってしまい、支払いが厳しくなってしまった場合にも、
低金利に移行することで利息を少なくすることが出来ます。

固定金利型の住宅ローンを抱えている人にも場合によっては、
おすすめすることができます。固定金利型のローンは、
月々の返済額に変動が無く、また利息も一定であるために、
低金利ローンへするメリットがあまり無いと思われがちですが、
固定金利型でも経済の流れが変わってくると、固定金利の利息が高くなってくる場合があるのです。

そのため、景気の変動と共に金利を変わることの無い固定金利のでも、
低金利ローンへ移行することで得をする場合があるのです。

カードローンの場合

複数のカードローンを抱えていたり、複数の会社とローンを組んでいる人にも、
低金利ローンの借り換えはおすすめできます。
複数のカードローンを抱えていると、返済額がまちまちになっており、
返済計画を立てることが難しくなってきます。
そのため、カードローンを一本化することで、返済額を一定にし、
そして返済の見通しを見やすくするという効果があるのです。

それだけではなく、複数のカードローンでは返済日もまちまちになってしまいます。
一本化には返済額を一つにまとめて、そして低金利にするだけではなく、
返済日も決まった日に一本化することによって、返済の計画を立てやすくなるのです。
経済的にも精神的にも優しくなるのです。

↑PAGETOP