キャッシング会社は大きく分けると2種類になります。

キャッシング会社は大きく分けると2種類になります。

賃金業者

一つ目は貸金業者で、消費者金融や信販会社などがこれに当たります。
貸金業者として国や都道府県に登録をして営業している業者を指します。
貸金業者は貸金業法による規制を受けます。

銀行

キャッシング会社のもう一つが銀行です。
銀行はどちらかというと後発組で、貸金業者が提供している
キャッシングのサービスに後から参入しました。
最近では多くの銀行がキャッシングのサービスを提供していると言えるでしょう。
銀行は貸金業者とは別のもので、貸金業法ではなくて銀行法という法律による規制を受けるのです。

消費者金融などの賃金業者と銀行のキャッシングの違い

規制する法律が異なりますから、当然のことながらサービスの内容も
ある程度は変わってきます。具体的にはどのように違うのかというと、
もっとも大きな違いが借入限度額に関する規制でしょう。
貸金業法では年収の3分の1までしか借りる事ができないという規定がありますから、
消費者金融や信販会社などのキャッシング会社から借りるときには、
年収に応じて借入限度額が制限されます。銀行ではこの制限はありません。
他にも手続き上の違いがあります。貸金業者から50万円以上か利用と
思ったときには収入を証明する書類の提出が必要となってきますが、
銀行の場合には法律上は必要ありません。
このように、キャッシング会社には2種類あるということも知っておく必要があります。
基本的な部分では違いはあまりないのですが、細かいところで色々な違いがあります。

↑PAGETOP